サイト表示を少しでも早く!WordPressでJavascriptファイルを非同期にする方法

特にサイトを作ったことのある人であれば、Googleの「PageSpeed Insights」で 、サイトの表示スピードを点検することも多いと思います。

その「PageSpeed Insights」では、改善案を提案してくれるんですが、その改善提案の中に「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」というのがあります。

もしサイトをWordPressで構築している場合は、functions.php の中に、以下のコードをコピペして入れれば完了です。
そのやり方は以下のとおりです。

if (!(is_admin() )) {
function add_async_to_enqueue_script( $url ) {
    if ( FALSE === strpos( $url, '.js' ) ) return $url;
    if ( strpos( $url, 'jquery.min.js' ) ) return $url;
	if ( strpos( $url, '非同期で読み込むと動作しなくなるファイルをここに入れる' ) ) return $url;
    return "$url' async charset='UTF-8";
}
add_filter( 'clean_url', 'add_async_to_enqueue_script', 11, 1 );
}

上記のコードを入れると、読み込んでいるJavascriptファイルに、async が下記のように入ります。

<script type='text/javascript' src='https://●●●●.com/wp/wp-content/themes/●●●/js/●●●●●.js' async charset='UTF-8'></script>

4、5行目は、非同期にすると作動しない場合もあるので、非同期にしたくないファイル名を、書き込んでおきます。

もし、「PageSpeed Insights」で、「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」の提案があった際には、導入してみてもいいんじゃないでしょうか。

関連記事

  1. お洒落すぎてブログだけではもったいない!?WordPressテーマ「Akay」

  2. WordPressサイトのセキュリティの選択肢の1つ!?「WP Guard」とは?

  3. これ正式に公開されると超便利!WordPressプラグイン「Site Kit」

  4. swill-art FACTORY

    さくらサーバーでWordPressの変更が反映されず困った件について

  5. エックスサーバーが便利な機能を追加「WordPress簡単移行」機能(ベータ版)

  6. 「Advancesd Gutenberg」を導入すると、「安全でないコンテンツがブロックされました」…

  7. レスポンシブ対応!スタイリッシュなWordPressテーマが73%オフ!

  8. モリサワのWEBフォントが「さくらのレンタルサーバ」利用者に無償で対応したので入れてみた

  9. Gutenbergでテスト投稿

人気記事 月間ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

PAGE TOP