注目の記事 PICK UP!

サイト表示を少しでも早く!WordPressでJavascriptファイルを非同期にする方法

特にサイトを作ったことのある人であれば、Googleの「PageSpeed Insights」で 、サイトの表示スピードを点検することも多いと思います。

その「PageSpeed Insights」では、改善案を提案してくれるんですが、その改善提案の中に「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」というのがあります。

もしサイトをWordPressで構築している場合は、functions.php の中に、以下のコードをコピペして入れれば完了です。
そのやり方は以下のとおりです。

上記のコードを入れると、読み込んでいるJavascriptファイルに、async が下記のように入ります。

4、5行目は、非同期にすると作動しない場合もあるので、非同期にしたくないファイル名を、書き込んでおきます。

もし、「PageSpeed Insights」で、「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」の提案があった際には、導入してみてもいいんじゃないでしょうか。

関連記事

  1. Gutenbergでテスト投稿

  2. 「Advancesd Gutenberg」を導入すると、「安全でないコンテンツがブロックされました」…

  3. WordPressサイトのセキュリティの選択肢の1つ!?「WP Guard」とは?

  4. エックスサーバーが便利な機能を追加「WordPress簡単移行」機能(ベータ版)

  5. お洒落すぎてブログだけではもったいない!?WordPressテーマ「Akay」

  6. モリサワのWEBフォントが「さくらのレンタルサーバ」利用者に無償で対応したので入れてみた

  7. レスポンシブ対応!スタイリッシュなWordPressテーマが73%オフ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事 月間ランキング

特集記事

PAGE TOP