注目の記事 PICK UP!

モリサワのWEBフォントが「さくらのレンタルサーバ」利用者に無償で対応したので入れてみた

みなさんも知っている方は多いと思いますが、あの「モリサワフォント」がタダで使えます!

しかも、ウェブフォントで!

ただ残念ながら、今のところ「さくらインターネット」で「さくらのレンタルサーバ」を使っている人、かつWordPressを使っている人限定です。

な〜んだ、と思っている人も多いかも知れませんが、WordPressでサイトを構築している人はかなり多いと思いますし、
今後、静的なホームページにも対応できるようサービスを拡充させるようですので、そこは期待。

まずは「さくらのレンタルサーバ」へログインしよう

ログインして、左のメニューの上から5ブロック目の「運用に便利なツール」の中のメニューの一番最後に「webフォント」というメニューが、いつのまにやら追加されているので、そこをクリックします。

web-font-sakurainternet002

Webフォント利用ドメインの設定

Webフォントの設定ページになったら、右の中央よりやや下の「Webフォント利用ドメインの設定」というところにある「独自ドメイン設定」から、プルダウンであらかじめ設定しているドメインが選べるので、そこからウェブフォントを使いたいサイトのドメインを選んで「設定」を押します。

web-font-sakurainternet003

「登録ドメイン名」のところに、先ほど選んだドメインが表示されればOKです。

ここで注意なのは、ここで設定したドメインの中でしか(しかも今はWOrdPressでのみ)でしか使えませんので注意してください。(決

WordPressにログインしよう

ここまで出来た人は、後は先ほど設定したドメインのWordPress管理画面にログインし、「プラグイン > 新規追加」と進んでください。

検索窓に「sakurainternet」と入力すると、「TypeSquare Webfonts さくらのレンタルサーバ」というのが出てくるので、インストールしてください。

web-font-sakurainternet004

後はプラグインを有効化して、いろいろと設定を自分ごのみにしてください。
プルダウンで初期からいろいろと選ぶことができます。

web-font-sakurainternet005

自分で選択肢を作成して増やすこともできますし、細かくタグ単位で設定することもできます。

さいごに

新規にWordPressを入れる人は、何もしなくてOKですので。クイックインストールしただけで、プラグインはインストールされた状態でスタートです。

とても便利だと思いますが、ちなみに、オチとして・・・わたしは有効化すると、レイアウトが崩れてしまって、今はプラグインを有効化していません(笑)

みなさんも、テーマによってはレイアウトが崩れてしまうかもしれませんので、注意して使ってみてください。

関連記事

  1. エックスサーバーが便利な機能を追加「WordPress簡単移行」機能(ベータ版)

  2. Gutenbergでテスト投稿

  3. お洒落すぎてブログだけではもったいない!?WordPressテーマ「Akay」

  4. WordPressサイトのセキュリティの選択肢の1つ!?「WP Guard」とは?

  5. 「Advancesd Gutenberg」を導入すると、「安全でないコンテンツがブロックされました」…

  6. サイト表示を少しでも早く!WordPressでJavascriptファイルを非同期にする方法

  7. レスポンシブ対応!スタイリッシュなWordPressテーマが73%オフ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事 月間ランキング

特集記事

PAGE TOP