注目の記事 PICK UP!

  • Mac

Mac OS Sierra で今まで通り開発元が確認できないアプリを実行する方法

Mac OSでは、Mac App Store と確認済みの開発元のアプリ以外のものがインストールされないよう Gatekeeper と呼ばれる仕組みによって保護してくれています。

このGatekeeperは、システム環境設定で設定変更することができたので、これまでは問題なく、設定変更をすることでサードパーティ製アプリを使うことができましたが、最新のOSである Sierra には、デフォルトの選択肢が「App Store」と「Apple Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」の2つしかありません。

ですので、仕事でサードパーティ製アプリをゴリゴリに使っている人で困っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、この設定を今まで通りにできる方法をご紹介します。

まずは、「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」と移動し、ターミナルを起動をします。

起動したら、下記を入力してください。

これで、無事いままで通り、システム環境設定で設定変更可能になります。

ただし、システムのセキュリティファイルに変更を加えてしまう行為ですので、それを承知の上で行ってくださいね。

もし困っている方がいましたらお試しあれ!

関連記事

  1. ひと足先取り!macOS SierraでSiriが動いてる動画が公開される。

  2. 今さら聞けない!Macで不可視ファイルを表示・非表示にする方法

  3. なんでマイクが反応しないの?MacでMacOS MojaveのアップデートでChromeの音声検索が…

  4. 噂通り名称変更!macOS Sierra(シエラ)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事 月間ランキング

特集記事

PAGE TOP