注目の記事 PICK UP!

月々が超安いスマホ!TSUTAYAの「TONE」を契約してみた。

もう今やMVNOの格安SIMを契約し、月々のスマホ代を安く済ませている方も多いとは思いますが、その中でも最近CMなどでよく目にするTSUTAYAのスマホ「TONE」を今回、次男のために新規で契約してみました。

そもそもMVNOって?

大体、皆さんのスマホの月々にかかる金額は、7,000〜10,000円くらいが平均だとは思いますが、それがMVNOの格安スマホを買うことで、月々にかかる金額は一気に2,000円くらいか、それ以下にすることが可能になります。

それを可能にしているのがMVNOです。MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、いわゆるキャリアと呼ばれるドコモやau、SoftBankなどの大手通信携帯電話キャリアから、通信インフラを借り、格安でユーザーに無線通信を提供しているんです。

MVNOのメリットとデメリット

もうメリットの1番は言うまでもなく、「3大キャリアよりも遥かに安くスマホが使える」ですよね。
いろいろとプランもあって、価格は様々ですが、殆どの場合、キャリアよりも月々の料金を抑えることが可能なはずです。

あとは、インターネット上で契約を済ますことの出来るものもありますし、キャリアのような今一つ納得のいかない違約金がないものもあります。(ちなみに、今回契約した「TONE」はありますけどね・・・2年縛りです・・・)

デメリットは、1つは通信速度の遅さ。これに関しては、仕事で使うようなメイン機で考えるのであれば避けたほうが無難です。もちろん、お金をかければ、高速で出来たり、通信容量を格段に増やしやり出来ますが、月々の料金が上がってしまっては、格安スマホを契約する意味がなくなってしまうので、そこはよく考えるところですね。

あとは、キャリア独自の昨日などが使えなくなる場合がほとんどだということです。使い慣れたキャリアのサービスや機能を手放したくないのであればお薦めはできないです。

TSUTAYAの「TONE」は果たして・・・

これまでも格安スマホには関心はありましたが、自分の使用目的で借りようとは1ミリも思ったことはなく、子どものスマホの候補として頭にありました。もともとauスマートバリューなどで家族全体の携帯代金を安く抑えようと思っていたのですが(今は妻と長男がauで、自分も今年の12月で更新月となるのでNMPしようと思っていたので)、どのみちスマホだと、プランを最小限にしても、金額が今と変わらないどころか、子どもの分で大きく膨れ上がることになるようなので、今回思い切って、子どものスマホは「TONE」にすることにしました。

TONE開封

箱を開けると、本体の下に充電器とケーブルが1本入っています。

CMで、息子が母親に言っていた「箱無くすなよ!」の意味が、これを見てよくわかりました。中に仕組みがあって、携帯を箱の上に置くと、「ピコッ」と音がなって、スマホ本体の問題がないかを自動でチェックし、修復してくれるみたいです。

TONE自動修正モード01
箱の上に置いたら、ロックを解除します。解除できると、修正するかを聞いてくるので「OK」をタップします。

自動修正モード02
すると、チェックと修正がはじまります。

自動修正モード - チェック終わり
問題がない場合は、上記のように、「問題はありませんでした」と表示され、これで完了となります。

果たして契約と料金は?

少し話が脱線気味でしたので話を戻しますが、契約に関しては、他のキャリアと同じような感じで進みます。
注意事項を聞いたり、サインしたり初期設定してもらったり・・・。

他キャリアとの相違点

他のキャリアと異なる点が幾つかありました。

  1. 他のキャリアの契約時と同じ身分証明書や料金引き落としの為の口座の引き落としのキャッシュカードの他に、TSUTAYAの「Tポイントカード」が必ず必要
  2. 本体代金が一括その場で支払い 29,800円<税別>(店舗によって違うかもしれない)
  3. 本体代金の支払いはレジの方に行って支払う(その場で払わなかった。)その後レシートを持って本の窓口に帰る
  4. 管理のためのメルアドが必要(これは「TONEファミリー」というオプションを申込んだからかもしれませんが・・・)

月額料金

謳い文句の通り、基本プランで本当に1,000円です。

ただSMSをやったり、今回の私のように子ども用にという場合は、オプションで「TONEファミリー」をつけたりするので、

  • SMSオプション・・・100円(税抜)
  • TONEファミリーオプション・・・0円(※ 保護者がTONEをご契約でない場合は⽉額200円(税別))

今回の契約の場合は、全部で 1,000円+100円+200円=1,300円 となりました。(今回新規で、かつ子ども用なので090/080番号のオプションは付けませんでした。この場合のオプション料金は953円/月となります。)

このあたりは、人によって付けたいオプションが違うと思いますので、詳しくはTONEのサービス・料金ページを参考にしてみてみてください。

さいごに

他にも、格安SIMのスマホはいっぱい出ていて、どれを選択するか迷うかもしれません。
以下にいくつかの格安SIMを提供しているサービスを紹介しておきますので、めんどくさがらず、各サービス内容をしっかりと吟味して、自分のライフスタイルに合った最適なものを選択することで、毎月の携帯代金を安く済ませることが出来ると思います。

LINEモバイルは、もしかしたらほとんどの人がLINEしてたりするので、そういった意味では便利で都合がいいので、いま1番のオススメのなのかもしれませんね。

TONEサイト

おまけ(キャンペーンについて)

いまいろいろなキャンペーンやっていて、「旧作DVDレンタル1ヶ月毎日1本無料パスポート」がもらえます。

旧作DVDレンタル1ヶ月毎日1本無料パスポート

契約したその日から1ヶ月間1本ずつレンタルできるので、映画好きにはたまらないキャンペーンだと思います(笑)
またNMPキャンペーンもやっていたので、事務手数料が「4,500円 → 0円」なので、今月(2016年9月一杯らしいですが)、NMPをお考えの方は、いまがチャンスですよ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事 月間ランキング

特集記事

PAGE TOP