注目の記事 PICK UP!

配偶者控除は知ってるけど、いま検討されている「夫婦控除」ってなに?

政府税制調査会という首相の諮問機関があるのですが、9/9に2017年度の税制改正議論が始まったようです。

しもんきかん【諮問機関】
行政庁の諮問に応じて、学識経験者などが審議・調査を行い、意見を答申する機関。「厚生労働省の―」

いろいろと改正に向けた議論すべきテーマはあるみたいですが、主なテーマは・・・

  • 配偶者控除
  • 酒税
  • 国際課税
  • 法人税
  • エコカー減税

な感じらしいです。

その中でも、自分にとって気になったテーマは「配偶者控除
この見直しに際して、安倍首相は「女性が就業調整を意識せずに働くことができるようにするなど、多様な働き方に中立的な仕組みをつくる必要がある」ということで見直しに意欲を示しているそうです。

そもそも「配偶者控除」とは

恐らく、サラリーマンの方などは、こういった税金関係は全て会社が代わりに行っているので詳しくは知らないという人もいるんじゃないでしょうか?

簡単に言うと、「年収103万円以下の配偶者がいる世帯を対象に、世帯主の所得から38万円を控除する制度」です。なので、もしかしたら奥さんがパートなどをしている方は、課税の対象にならないように、年間の所得を103万円までに抑えるようなシフトの入り方などをしていて、逆にそれくらいは知っているかもしれませんね。

これから導入しようと検討される「夫婦控除」

で、これからの議論では、この「配偶者控除」に変わって、夫婦であれば収入や働き方に関わらず一定の控除を受けることが出来る「夫婦控除」という新たな制度を導入する方向で話し合われるみたいです・・・。

もし、この新たな「夫婦控除」の控除額が、これまでの38万円よりも低い額になるようなことがあれば、はっきり言って困るという世帯はおおいんじゃないでしょうか?

なので、低所得層の税負担が大きくならないように、ちゃんとした制度にしてもらいといところですね。

関連記事

  1. いまの時代に四葉のクローバを探す人ってゼロ?!クローバーの知らない世界

  2. 子どもの夏休み自由研究はこれで決まり!「卵」を使ったお手軽自由研究!

  3. 自転車保険への加入を義務化!大阪府自転車条例

  4. 明日の土曜日は「土用丑の日」だけど、土用ってなに?

  5. 初めて知った!JRの自動券売機で切符を出てきた穴に戻せば「払い戻し」出来る!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気記事 月間ランキング

特集記事

PAGE TOP