さくらサーバーでWordPressの変更が反映されず困った件について

swill-art FACTORY

長い間ほったらかしにしていた屋号のほうのホームページが、いよいよ処理が重たくてどうしようもなかったので、テンプレートが原因なのはわかっていたので、変更することにしました。

海外の有料テンプレートだったので、もったいなさから、管理画面での処理が遅くて我慢して長年してきましたが、もう限界でしたね。で、屋号の方のホームページには、そんなに記載することもないので、同じような1ページ形式のサイトのままで続けていくことにしました。

そこで問題が発生。いざ、テンプレートを変更したのはいいものの、トップページが一向に変わらない。何度ブラウザのキャッシュクリアしても、不要になったプラグインを削除しても変わりゃあせん!!!(怒)

いろいろと試した挙げ句、1つ判明したのが、プラグインを全停止した際に、「さくらサーバー」なので、プラグインで施していたSSL化が解除され、そのときだけ変更が反映されて表示されました。

でも、これじゃあ解決策にならん!だってSSL化が解除されてしまっては元も子もない。ということで、他に作はないか色々と探っていると、ふとSSL化されたときに、アドレスバーの左に表示される鍵マークに目がいきました。

鍵マークをクリックすると、「この接続は保護されています」という文字が表示された証明ウィンドウが小さく出てきます。

ここの下から2番目を見てください。Cookieとあるじゃないですか。これをクリックすると、下記のようにサイトドメインが表示され、その下にCookieフォルダがあります。

あとは直感ですよね。「あ、これ削除してみればいいんだ」と。はい、左下の削除をクリックし、上のドメイン表示が消え、右下の完了をクリック!

あとは、ページに戻って、リロード!はい、無事にキャッシュクリアがされ、変更が反映できましたとさ。

しかし、これはなんでブラウザのキャッシュでは反映されなかったのか、なぜこの方法でキャッシュクリアすると変更が反映されたのか・・・ちゃんと調べても回答らしき記事は見つけられなかったので、多分、サーバー関係に詳しい人からすれば当たり前のことなのかもしれませんが、自分には分かりませんでした(汗)なんせ、この経験が長年Web関係でお仕事してきて初めてのことだったので。

ちなみに「さくらサーバー」はもう十数年使ってきてるのですが、初めての現象だったので、「さくらサーバー」だけなのかもしれませんが確証はないです。

もし同じような境遇の人がいて困っていたら、その助けになれば幸いです。

関連記事

  1. 「Advancesd Gutenberg」を導入すると、「安全でないコンテンツがブロックされました」…

  2. モリサワのWEBフォントが「さくらのレンタルサーバ」利用者に無償で対応したので入れてみた

  3. サイト表示を少しでも早く!WordPressでJavascriptファイルを非同期にする方法

  4. Gutenbergでテスト投稿

  5. レスポンシブ対応!スタイリッシュなWordPressテーマが73%オフ!

  6. WordPressサイトのセキュリティの選択肢の1つ!?「WP Guard」とは?

  7. これ正式に公開されると超便利!WordPressプラグイン「Site Kit」

  8. お洒落すぎてブログだけではもったいない!?WordPressテーマ「Akay」

  9. エックスサーバーが便利な機能を追加「WordPress簡単移行」機能(ベータ版)

人気記事 月間ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

PAGE TOP